Contract Theory Workshop
(CTW)

毎週原則第3土曜日13:30−17:30に大阪梅田アプローズタワー14階K.G.ハブスクウェア、もしくは、13:00−18:00に京都大学経済研究所1階会議室で、一橋大学商学部の伊藤秀史氏と共同で行っています。主として、契約理論の基礎理論の発展と内部労働組織、産業組織、企業金融、規制産業、政府組織、マクロ経済学、会計制度などにおける契約理論の応用をテーマに研究会をおこなっています。したがって、ゲーム論研究会のような純粋理論の研究会ではありません。実証研究、あるいは、政策的インプリケーションをめざす研究も歓迎します。現在の参加者は、関西地区を中心に、関東、名古屋、広島、新潟地区にまたがっております。なお、参加者は自分の論文、もしくは、学術雑誌に掲載された最近の論文で興味のあるもののどちらかを発表する義務があります。


CTWメーリングリスト

CTWメーリングリストが開設されています(CTW関連の連絡,契約の経済学の話題など).CTW出席者は必ずメーリングリストに参加して下さい.また,出席者以外の方も自由に参加・脱退できます.

メーリングリストに参加するためには,ctw-ml-subscribe@yahoogroups.jp にメールを送って下さい.件名,本文は空にして下さい.HTMLファイルが添付されたりしないように注意して下さい(特にMicrosoft Outlook Expressを利用している人).メーリングリストから脱退する場合には,空のメールを ctw-ml-unsubscribe@yahoogroups.jp に送って下さい.

メーリングリストへの投稿のアドレスは,ctw-ml@yahoogroups.jp です.過去の投稿メールは,メーリングリストの関連ウェブサイトで見ることができます.


伊藤研究室のワークショップ情報

関連研究会情報

裏CTW(現在休止中の模様)

Finance and Accounting Workshop (FAW; 旧裏MEW)

その他

Back to Front Page.


2007年3月17日(土)

尾川 僚(東京大学大学院経済学研究科学振PD):

神戸伸輔(学習院大学経済学部):


2007年2月17日(土)

熊谷礼子(帝塚山大学経済学部)

清水 祟(関西大学経済学部)


2007年1月13日(土)

中泉拓也(関東学院大学経済学部)

伊藤秀史(一橋大学大学院商学研究科)


2006年12月9日(土):大阪大学待兼山会館会議室(13時〜18時)

Zhijun Chen (Toulouse University): "Fighting Collusion in Mechanism Design''

Ola Kvaloy (Stavanger University): "Endogenous Verifiability and Relational Contracts" (joint with Trond E. Olsen)


2006年11月18日(土):大阪大学待兼山会館会議室(13時〜18時)

小佐野広(京都大学経済研究所):

内田浩史(和歌山大学):



2006年10月14日(土):大阪大学待兼山会館会議室(13時〜18時)

瀧井克也(大阪大学大学院国際公共政策研究科):

石黒真吾(大阪大学):"Organizational Dynamics"


2006年9月:Summer Conference


2006年7月22日(土):京都大学経済研究所1階会議室  

椎葉淳(大阪大学大学院経済学研究科):Philippe Aghion and Jeremy Stein. "Growth vs. Margins: Destabilizing Consequences of Giving the Stock Market What It Wants." (2006/5)

In-Uck Park (University of Bristol and Kyoto University): "Glass Ceiling,"


2006年6月17日(土):大阪大学待兼山会館会議室  

八木伸行(東京大学大学院経済学研究科D): "Role of Linking Mechanisms in Multitask Agency with Hidden Information"

安藤至大(日本大学大学院総合科学研究科): "Affirmative Action in Promotion Contests"


2006年5月20日(土):京都大学経済研究所1階会議室 

中林真幸(大阪大学大学院経済学研究科): "Hedonic prices and multitask incentives,"

玉田康成(慶応義塾大学経済学部):"Career Concern Incentives in the Market,"


2006年4月15日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1401会議室 

高山健志(大阪大学大学院経済学研究D):Matthew C.Stephenson, 2004, "Court of public opinion: GovernmentAccountability and Judicial Independence", Journal of Law and Economic Organization

関口格(京都大学経済研究所):"Pricing of Network Goods under Dynamic Coordination Failure,"


2006年3月18日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1402会議室

松田康弘(京都大学大学院経済学研究科D):Arya and Mittendorf, 2005, "Offering Stock options to gauge managerial talent", Journal of Accounting and Economics, 40, 189-210.

清滝ふみ(近畿大学経済学部):"Promotion Tournaments with Multiple Tasks,"


2006年2月18日(土):京都大学法・経総合研究棟1階第105演習室 

天谷研一(神戸大学経済経営研究所):Manuel Amador, Ivan Werning, and George-Marios Angeletos, "Commitment vs Flexibility," (forthcoming in Econometrica)

濱田弘潤(新潟大学経済学部): Matthew Rabin and Dimitri Vayanos (2005), "The Gambler's and Hot-Hand Fallacies in a Dynamic-Inference Model,''


2006年1月28日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)?会議室

菊谷達也(京都大学大学院経済学研究科):「多市場接触の経済実験」

森田穂高(University of New South Wales): "Competitor Collaboration and Product Distinctiveness" (joint with Arghya Ghosh)


2005年12月17日(土):京都大学経済研究所1階会議室 

渡邊直樹(一橋大学大学院経済学研究科): "Stable Profit Sharing in Patent Licensing: General Bargaining Outcome"

(資料1, 資料2)

神戸伸輔(学習院大学経済学部): "Subjective Evaluation in the Agency Contract and the Reputation of the Principal"


2005年11月19日(土):大阪大学豊中キャンパスの待兼山会館会議室 

小林磨美(近畿大学経済学部): "Takeovers, Managerial Discretion, and the Ownership Structure of the Target Firm"

水野敬三(関西学院大学商学部): "Delegating infrastructure projects with open access" (joint with Tetsuya Shinkai)


2005年10月15日(土):大阪大学豊中キャンパスの待兼山会館会議室

石田潤一郎(大阪大学大学院国際公共政策研究科): "Optimal Promotion Policies with the Looking-Glass Effect" 

鵜野好文(広島大学経済学部): "Social Norms and Cooperation in Organizations"


2005年9月15日(木)〜16日(金): Summer Conference (KKR熱海)



2005年7月23日(土):日程と場所に注意。京都大学経済研究所4階第一共同研究室、13:00〜18:00 

新海哲哉(関西学院大学経済学部): Josh Lerner and Jean Tirole(2004), "Efficient Patent Pools," American Economic Review, Vol.94 No.3, 691-711.

林田修(大阪経済大学経営学部): Bolton, P. and Rajan, A., "The Employment Relation and the Theory f the Arm's Length Contracting vs Authority" working paper.

石黒氏の欧州出発記念壮行会


2005年6月18日(土):(阪急石橋駅あるいは大阪モノレール柴原駅下車)大阪大学経済学部本館1階中会議室、13:00〜18:00 

堀一三(一橋大学大学院経済学研究科): "Inefficiency in a Bilateral Trading Problem with Cooperative Investment,"

阿部顕三(大阪大学大学院経済学研究科):"International Labor Standards and Their Harmonization" (with Laixun Zhao (Kobe University))


2005年5月21日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1404会議室

大洞公平(大阪産業大学経済学部): "Job Title, Reference Group, and Organizational Form,"

花薗誠(京都大学経済研究所): "Holdup, complementary action, and option contracts,"


2005年4月16日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1404会議室

熊谷礼子(帝塚山大学経済学部): Walter Novaes and Luigi Zingales, "Bureaucracy as a Mechanism to Generate Information," RAND Journal of Economics, Vol.35, No.2, 2004, pp.245-259.

清水 祟(関西大学経済学部): "On the Role of Tax-Subsidy Scheme in Money Search Models," (joint with Kazuya Kamiya)


2005年3月19日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1406会議室

八木伸行(東京大学大学院経済学研究科D): Matthew Jackson and Hugo Sonnenschein, "Overcoming Incentive Constraints by Linking Decisions," October 15, 2004.

伊藤秀史(一橋大学大学院商学研究科): "Formal Contract, Relational Contracts, and the Holdup Problem,'' January 26, 2005 (joint with Hodaka Morita).


2005年2月19日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1406会議室

中泉拓也(関東学院大学経済学部): 「環境負荷の小さい物流体系の構築を目指す実証実験におけるオークション方式の分析」

小佐野広(京都大学経済研究所): "Monitored Finance and Liquidation Policies under Securitization"


2005年1月22日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1406会議室

瀧井克也(大阪大学大学院国際公共政策研究科):"The Endogenous Growth and Decline of a Firm"

Eric S. Chou (Department of Economics, Chinese University of Hong Kong):"The Effciency of Renegotiation and Collusion with a Supervisor," (joint with Y. Stephen Chiu).


2004年12月18日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1407会議室:忘年会

神戸伸輔(学習院大学経済学部):"Endogenous Explanation of Alternating Offers in Bilateral Bargaining."

河村耕平(オックスフォード大学ナフィールド・カレッジD): "Anonymous Cheap Talk."



2004年11月20日(土):13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア(阪急梅田駅あるいはJR大阪駅下車,アプローズタワー14階)1408会議室

清滝ふみ(近畿大学経済学部): Marino and Zabojnik (2003), "Internal Competition for Corporate Resources and Incentives in Teams," Forthcoming in Rand Journal of Economics.

内田浩史(和歌山大学経済学部): "Fiscal Decentralization, Debt Management and Inflation Target," (with H. Fujiki).



2004年10月16日(土):

石黒真吾(大阪大学大学院経済学研究科): "Endogenous Diversity of Organizations''

松村敏弘(東京大学社会科学研究所): Welfare-deteriorating Leadership by State-owned Public Enterprise" (joint work with Hiroaki Ino)



2004年9月13-14日:Summer Conference@能登千里浜国民休暇村


2004年7月17日(土):

松田康弘(京都大学大学院経済学研究科D): Peter O. Christensen, Gerald A. Feltham and Florin Sabac, "Correlated Performance Measures in Dynamic Incentives with Limited Commitment," 2003.

前多康男(慶應義塾大学経済学部): "Microeconomic Foundation of LLR from the Viewpoint of Payments"



2004年6月26日(土): 13:30〜17:30@K.G.ハブスクウェア会議室

濱田弘潤(新潟大学経済学部): Yeon-Koo Che, Jo'zsef Sa'kovics, ``A Dynamic Theory of Holdup,'' Econometrica, Volume 72 Issue 4 Page 1063 - July 2004

安達貴教(ペンシルヴェニア大学経済学部):Bruno Biais and Thomas Mariotti (2003), "Credit, Wages, and Bankruptcy Laws," September 8, 2003.



2004年5月15日(土):

山下拓朗(一橋大学大学経済学研究科D):"Recommendation Mechanism and Mechanism Design with Multi-Principal and Multi-Agent"

天谷研一(神戸大学経済経営研究所): "As Close as Possible: A Solution Concept for Games with Almost Continuous Payoffs"



2004年4月17日(土):

水野敬三(関西学院大学商学部): Inderst, R. and Wey, C "Bargaining, mergers, and technology choice in bilaterally oligopolistic industries" Rand Journal of Economics, vol.34, No.1, pp1-19, 2003.

岡田章(一橋大学大学経済学研究科): 「非協力n人交渉ゲームの最近の研究動向:理論,実験,応用


2004年3月20日(土):13:30〜17:30 @K.G.ハブスクウェア会議室

椎葉淳(大阪大学大学院経済学研究科): Raith, Michael A., "Specific Knowledge and Performance Measurement," January 2004.

鵜野好文(広島大学経済学部): "Hierarchical Organization and Norm Management"


2004年2月21日(土):

林田修(大阪経済大学経営学部): Jonathan Levin and Luis Rayo, "Control Rights and Relational Contracts,"' March 2003 (pdf)

菊谷達弥(京都大学大学院経済学研究科):Baker, G. P.and T. N. Hubbard. "Make Versus Buy in Trucking: Asset Ownership, Job Design, and Information,"' The American Economic Review, June, 2003, 93(3), pp.551-572.




2004年1月24日(土):

中泉拓也(関東学院大学経済学部):Segal, E., Whinston, M. [2002] "The Mirrlees Approach to Mechanism Design
with Renegotiation," Econometrica

瀧井克也(大阪大学大学院国際公共政策研究科):"Hayek vs. New Keynesian"



2003年12月20日(土):

花薗誠(京都大学経済研究所):"Holdup with Subsidized Investment"

河村耕平(Nuffield Collage):"Voice and Anonymity within Firms''



2003年11月15日(土):

大洞公平(大阪大学大学院経済学研究科D): Baker, Gibbons, and Murphy, "Relational Contracts in Strategic Alliances,'' August, 2002.

神戸伸輔(学習院大学経済学部): "Trust for Leadership and the Subjective Evaluation of a Subordinate"



2003年10月18日(土):

熊谷礼子(帝塚山大学経済学部):Robert Gibbons and Michael Waldman, "Enriching a Theory of Wage and Promotion Dynamics Inside Firms," June 2003.

新海哲哉(神戸市外国語大学):"(Cross)licensing System and R&D investments of Duopolistic Firms with Weakly Complementary or Weakly Substitutive Technologies."


2003年9月16-17日:夏合宿(アクティ・プラザ琵琶)



2003年7月19日(土):

清滝ふみ(近畿大学商経学部): "Promotion Standards, Hold-up and the Inefficiency of Job-Assignments"

堀一三(ウィスコンシン大学経済学部D): "Strategic Information Transmission and Organization"

小林磨美(京都大学大学院経済学研究科博士後期課程): "A Role of Lender Liability in Debt Contract"



2003年6月21日(土):

伊藤秀史(一橋大学大学院商学研究科):"Behavioral Contract Theory: Principal-Agent Models with Social Preferences''

石黒真吾(大阪大学大学院経済学研究科):"Dynamic Procurement Mechanism with Subcontracting"



2003年5月17日(土):

濱田弘潤(新潟大学経済学部): Patrick Rey and Thibaud Verge (2002), "Resale Price Maintenance and Horizontal Cartel'' mimeo.

小佐野広(京都大学経済研究所): "Prudential Regulation and Capital Infusion under Moral Hazard in Banks and Entrepreneurs"



2003年4月19日(土):

水野敬三(関西学院大学商学部): "From Access to Bypass: A Real Options Approach," joint with Keiichi Hori.

小林佳世子(南山大学経済学): "Settlement vs. Trial Under Alternative Litigation Fee Rules: A Game Theoretic Approach"


2003年3月29日(土)〜30日(日):Spring Conference on Contract Theory and Its Applications


2003年2月15日(土)

内田浩史(和歌山大学経済学): Bolton, P. and X. Freixas 2000, "Equity, bonds, and bank debt: capital structure and financial market equilibrium under asymmetric information," Journal of Political Economy Vol.108, pp. 324-351.

破田野耕司(名古屋市立大学大学院経済学研究科博士後期課程):"Knowledge transmitting in contests"



2003年1月25日(土):

菊谷達弥(京都大学大学院経済学研究科):Aghion and Bolton(1992), "An Incomplete Contracts Approach to financial contracting," Review of Economic Studies,59,473-494. Aoki, M.(1994), "The Contingent Governance of Teams : An Analysis of Institutional Complementarity," International Economic Review,35,657-676. Miyajima, H.(1998), "The Evolution and Change of Contingent Governance Structure in the J-Firm System," Dirks D., J. F., Huchet, and T. Ribault, eds, Japanese Management in the Low Growth Era: Between External Shock and Internal Evolution, Springer Verlag.

新海哲哉(神戸市外国語大):"How Does the Increase of Firms with Symmetric Information Affect Oligopolistic Market Outcomes?" (joint with Makoto Okamura).


2002年12月21日(土):今回は、4階第一共同研究室 忘年会 with Professor Futagami

椎葉淳(追手門大学経営学部):Goldman, E., and G. Gorton (2002). "Firms, Markets, and Efficiency," mimeo.

二神孝一(大阪大学大学院経済学研究科):"On the Fate of an Education Obsessed Society," (joint with Akiomi Kitagawa).


2002年11月16日(土):

林田修(大阪経済大学経営学部):Oliver Hart and Bengt Holmstrom, ``Vision and Firm Scope,'' January 2002 (revised March 6, 2002)

   江口匡太(筑波大学社会工学系):"Damages or Retrun to Workplaces: A Note on remedy for Illegal Dismissal."



2002年10月19日(土): 今回は、4階第一共同研究室

中泉拓也(関東学院大学経済学部): E. Maskin & J. Moore (1999), "Implementation and Renegotiation", Review of Economic Studies, 66, 39-56.

津曲正俊(慶應義塾大学経済学部): "The Organization of Supplier Network: Effects of Delegation and Intermedination."


2002年9月22(日)〜24日(火):合宿@京都府舞鶴市(写真


  夏休み


2002年7月20日(土):納涼会(鴨川納涼床)

小林磨美(京都大学大学院経済学研究科D3):Burkart, M., F. Panunzi and A. Shleifer (2002)
"Family Firms,"

新海哲哉(神戸市外国語大):"Licensing(Cross-licensing)System and R&D Investments in a Complementary Technologies Economy."


2002年6月22日(土):

石黒真吾(大阪大学大学院経済学研究科): "Competition and Moral Hazard."

澤野孝一朗(琉球大学法文学部):契約理論による病院組織の分析.参考文献:(1) Preyra. C. and G. Pink., (2001),”Balancing Incentive in the compensation contracts of nonprofit hospital CROs,” Journal of Health Economics 20: 509-525. (2) Sloan,F.A., (2000), "Not-For-Profit Ownership and Hospital Behavior,”in A.J.Culyer and J.P.Newhouse, ed., Handbook of Health Economics, Volume1, (Elsevier Science B.V.) 1141-1174.



2002年5月18日(土):

大洞公平(大阪大学大学院経済学研究科D3):Jonathan Levin, "Multilateral Contracting and the Employment Relationship," Quarterly Journal of Economics, forthcoming 2002.

安藤至大(東京大学大学院経済学研究科D3): "Seniority System May Force Firms to Cooperate."



2002年4月20日(土):

清滝ふみ(近畿大学商経学部):Jonathan Levin (2000) "Relational Incentive Contracts," mimeo, Stanford University.

熊谷礼子(帝塚山大学経済学部):Xiaokai Yang (2000) "Incomplete Contingent Labor Contract, Asymmetric Residual Rights and Authority, and the Theory of the Firm,”CID Working Paper No. 45, May



2002年3月16日(土):

伊藤秀史(一橋大学大学院商学研究科):"Corporate Restructuring in Japan: Part I. Can M-Form Organization Manage Diverse Businesses?"

山田玲良(一橋大学大学院経済学研究科D3): "A Mechanism Design for a Solution to the Tragedy of Commons," (joint with Naoki Yoshihara)



2002年2月16日(土):

濱田弘潤(新潟大学経済学部):Timothy B. and M. Ghatak (2001), "Government versus private ownership of public goods," The Quarterly Journal of Economics, 116(4), pp. 1343-1372.

水野敬三(関西学院大学商学部): "Network Investment and Competition: Priority of (No) Regulation(s)."



2002年1月26日(土):

内田浩史(和歌山大学経済学):A. Dixit and L. Lambertini (2001), "Fiscal discretion destroys monetary commitment," mimeo, Princeton University.

小佐野広(京都大学経済研究所):"Analysts' Compensation Contracts and Information Revelation."


2001年12月15日(土):経済学部新館1階108演習室(第8演習室),その後忘年会

椎葉淳(追手門学院大学経営学部):Rajan, R. G. and L. Zingales. (2001), "The Firm as a Dedicated Hierarchy: A Thoery of the Origins and Growth of Firms," The Quarterly Journal of Economics 116(3), pp. 805-851.

松井彰彦(東京大学大学院経済学研究科):"Do Profit Maximizers Maximize Profit?: Divergence of Objective and Result in Oligopoly," (with Mitsuhiro Kaneda).



2001年11月17日(土):経済学部新館1階108演習室(第8演習室)

林田修(大阪経済大学):Wouter Dessein, "Authority and Communication in Organizations," (February 2001) Accepted subject to revision at the Review of Economic Studies.

中泉拓也(東京大学大学院経済学研究科研究生):"Property Right Approach in Multiple Transactions."



2001年10月20日(土):経済学部新館1階108演習室(第8演習室)

小林創(神戸大学大学院経営学研究科D3):"Emergent Leadership in Team," (joint with Hideo Suehiro).

関口格(神戸大学大学院経済学研究科):"On the Implementability Condition in Agency Models."←今年の DC(ディセントラライゼンション・コンファレンス,10月6日早稲田大学にて)のウェブページから論文をダウンロードできます.



2001年9月8-9日:合宿(京都鷹ヶ峰)



2001年7月14日(土):

小林磨美(京都大学大学院経済学研究科D2):"Compensatory Payment and Lender Liability."

石黒真吾(立命館大学経済学部):"Contracts and Overlapping Generations with Persistent Inequality."



2001年6月16日(土):

大洞公平(大阪大学大学院経済学研究科D2):Auriol, E. and Renault, R., "The Costs and Benefits of Symbolic Differentiation in the Work Place," December 1999.

三上和彦(関西学院大学経済学部):"Market Power and the Form of Enterprise."



2001年5月26日(土):

熊谷礼子(帝塚山大学経済学部):Roland Benabou and Jean Tirole, "Self-Confidence and Social Interactions," NBER Working Paper 7585, March 2000.

堀江明子(東洋大学経済学部):"Network Externalities and the Necessity of Universal Service Obligation."



2001年4月21日(土):

川口章(追手門学院大学経済学部):Marco Ottaviani and Peter Sorensen, "Herd Behavior and Investment: Comment," American Economic Review 2000, vol.90, no.3, pp. 695-704 およびHerd Behaviorのサーベイ.

濱田弘潤(新潟大学経済学部):Armstrong, M. and J.-C. Rochet, "Multi-dimensional Screening: A User's Guide," (1999) European Economic Review 43, 959-979.



2001年3月17日(土):

伊藤秀史(一橋大学大学院商学研究科):規制主体分割の理論的基礎.

二神孝一(大阪大学大学院経済学研究科):"Signaling role of education in an OLG model."


2001年2月17日(土):

小林磨美(京都大学大学院経済学研究科D1):O. Hart, and J. Moore (1999) "Foundations of Incomplete Contracts."
RES 66;115-138.

伊藤秀史(一橋大学大学院商学研究科):規制主体分割の理論的基礎について


2001年1月27日(土):

松原聖(京都大学経済研究所):"Import Penetration and Domestic Process Innovation."

工藤教孝(一橋大学大学院経済学研究科):"Matching, Bargaining, and Dispersed Values of Fiat Currency."


20世紀のワークショップ


2000年12月16日(土):

宮原泰之(神戸大学経済経営研究所):"Coalition-Proof Sharing Rule in Partnerships."

江口匡太(東京大学大学院経済学研究科):"Job Rotation Enhancing Trainers' Incentives."

場所の変更:今回は、京都大学経済研究所1階南側第一共同研究室です。

世紀末忘年会



2000年11月18日(土):


赤井伸郎(神戸商科大学経済研究所):"Soft Budget Constraint and Adverse Selection in Local Public Expenditure."

石黒真吾(立命館大学経済学部):"Privatization As A Commitment Device"



2000年10月21日(土):

千本木修一(滋賀大学経済学部):

松枝法道(関西学院大学経済学部):"Delay of International Cooperation in Transboundary Pollution'



2000年9月2日(土)・3日(日): 論文作成対策特別訓練合宿(今のところ、和歌山県加太国民休暇村)

9月2日:
14:00-15:30 鷹岡澄子:Signaling of product quality in monopolistic and duopolistic market: incentive for voluntary informaiton revelation
15:30-17:00 水野敬三:Vertical separation vs. vertical integration: entry-deterrence and cost-reducing incentives with access regulation

9月3日:
09:30-11:00 小佐野広:公的部門の民営化に関する一考察
11:00-12:30 濱田弘潤:TBA
14:00-15:30 椎葉淳:TBA


夏休み


2000年7月15日(土)

澤野孝一朗(大阪大学大学院):「医療サービス市場のインセンテイブ問題」論文:Sappington,D.E.M. and Lewis,T.R., 1999, ``Using Subjective Risk Adjusting To Prevent Patient Dumping in Helth Care Industry,'' Journal of Economics & Management Strategy, 8-3, 351-382.

阿萬弘行(京都大学大学院):"株式市場と経営者インセンティブ――株価と役員賞与の計量分析――"



2000年6月17日(土): (恒例の)会計学特集

椎葉淳(追手門大学): Holmstrom,B. (1999). "The Firm as a Subeconomy." Journal of Law, Economics, and Organization 15(1), pp.74-102.

Hermalin, B.E. (1999). "The Firm as a Noneconomy: Some Comments on Holmstrom." Journal of Law, Economics, and Organization 15(1), pp.103-106.

内川正夫(京都学園大学):"Assets Valuation and Managerial Incentives



2000年5月27日(土):

内田浩史(和歌山大学):"Compensating deposit and a role of bank"

中泉拓也:"Tourament in the Incomplete Contract Situation"

注意:京都大学経済研究所1階第一共同研究室



2000年4月15日(土):

林田修(大阪経済大学):O. Hart and J. Moore (1999): "On the Design of Hierarchies: Coordination versus Specialization" NBER Working Paper No. 7388.

菊谷達弥(京都大学):I. Cockburn, R. Henderson, and S. Stern (1999): "Balancing Incentives: The Tension Between Basic and Applied Research," NBER Working Paper No.6882.


2000年3月18日(土)

石黒真吾(南山大学):"Regulating Influence Activities in Organizations: A Signaling Game Approach."

濱田弘潤(大阪大学大学院):Robert Gibbons and Michael Waldman (1999) "A Theory of Wage and Promotion
Dynamics Inside Firms," Quarterly Journal of Economics, Vol. 114(4) Nov. pp.1321-1358.

異動者のための大宴会



2000年2月19日(土)

大洞公平(大阪大学大学院):"Peer Pressure and Incentives in the Workplace"

小林磨美(京都大学大学院):「企業金融と偶発債務」



2000年1月29日(土)

今井亮一(名古屋商科大学):Burdett, K. and R. Wright, "Unstable Relationships."

安達裕之(京都大学):Daron Acemoglu and Robert Shimer, "Holdups and Efficiency with Search Frictions,"
International Economic Review, vol.40, No.4,pp.827--849, 1999.


1999年12月18日(土)

CTW in Nagoya

黄圭燦(名古屋商科大学):

飯島裕胤(名古屋商科大学):

注意:この日の会場は、南山大学経営学部 J棟5階 J51教室


1999年11月20日(土)

崔康植(香川大学):Steve Tadelis, "What's in a Name? Reputation as a Tradeable Asset", American Economic Review, 89(3):548-563, 1999.

村松幹二(東京大学大学院):"Intertemporal Wage Schedules and Information Structures in the Dynamic Moral Hazard Problem."



1999年10月9日(土)

千本木修一(滋賀大学):「課徴金のモデル分析」

水野敬三(関西学院大学):Auriol, E., "Deregulation and Quality", International Journal of Industrial Organization, vol.16, 169-194, 1998.


1999年9月18日(土)19日(日)

論文作成対策特別訓練合宿(近江舞子)


9月18日午後:石黒真吾,水野敬三

9月19日午前:安達貴教,大洞公平

9月19日午後:中泉拓也,内田浩史+濱田弘潤


1999年7月17日(土): 会計学特集

内川正夫(京都学園大学):Stefan Reichelstein, "Providing Managerial Incentives: Cash Flows versus Accrual Accounting," mimeo. (University of California at Berkeley).

椎葉淳(大阪大学大学院):Heavner, D.L. (1998). "Allocating Transfer Pricing Authority." mimeo


1999年6月19日(土):

新海哲哉(神戸市立外国語大学):"Second Mover Disadvantages in a Three-Player Stackelberg Game with Uncertain Demand: Irreversible Commitment and Information."

中川(堀江)真由美(京都大学大学院):Che and Hausch, "Cooperative Investments and the Value of Contracting",
AER vol. 89-1, 125-147, 1999

1999年度米国大学院留学者壮行会


1999年5月8日(土):

澤野孝一朗(大阪大学大学院):Ma,C.A.,1994,"Health Care Payment Systems: Cost and Quality Incentives,"
Journal of Economics & Management Strategy(JEMS),3-1,93-112.

Sharma,R,L., 1998,"Health Care Payment Systems: Cost and Quality Incentives-Comment," Journal of Economics & Management Strategy(JEMS),7-1,126-137.

Ma,C.A.,1998,"Health Care Payment Systems: Cost and Quality Incentives-Reply," Journal of Economics & Management Strategy(JEMS),7-1,139-142.

清滝ふみ(近畿大学):Qian,Yingyi and Roland,Gerard, "Federalism and Soft Budget Constraint," American Economic Review,1998,88,pp.1143-1162.

注意:この日の会場は、一階南側第1共同研究室


1999年4月17日(土):

中泉拓也(東京大学大学院経済学研究科附属日本経済国際共同研究センター):"Another Approach in Soft Budget Constraint Problem-Take Over and Lay-off Case"

熊谷礼子(帝塚山大学):B.Douglas Bernheim and Michael D. Whinston, "Incomplete Contracts and Strategic Ambiguity," The American Economic Review, 1998, Vol88, No4, pp902-932.


1999年3月20日(土)

濱田弘潤(大阪大学大学院D2):Georg Noldeke and Klaus M. Schmidt, Sequential Investments and Options to Own, RAND Journal of Economics, 1998, Vol.29, no.4, pp.633-653.

二神孝一(大阪大学):Caballero, R.J. and M.L. Hammour, "The Macroeconomics of Specificity," Journal of Political Economy, 1998, vol.106, no.4, pp.724-767.

二神孝一先生参加特別記念夕食会


1999年2月20日(土)

内田浩史(和歌山大学):DIAMOND, DOUGLAS W. and RAGHURAM G. RAJAN, "Liquidity Risk, Liquidity Creation and Financial Fragility: A Theory of Banking," June 1998.

林田修(大阪経済大学):D. de Meza and B. Lockwood, "Does Asset Ownership Always Motivate Managers?: Outside Options and the Property Rights Theory of the Firm," Quarterly Journal of Economics, May 1998: 361--86. および Y. S. Chiu, ``Noncooperative Bargaining, Hostages, and Optimal Asset Ownership,'' American Economic Review, September 1998: 882--901.



1999年1月23日(土)

石黒真吾(南山大学):"Endogenous Verifiability and Optimality in Agency"

伊藤秀史(大阪大学):G. Baker, R. Gibbons, and K. J. Murphy, "Informal Authority in Organizations," mimeo.

伊藤秀史先生帰国記念夕食会


1998年12月19日(土)

小佐野広(京都大学):B. Holmstrom and J. Tirole, "Private and Public Supply of Liquidity," Journal of Political Economy, 1998, Vo.106, No.1, pp.1-40.

安達裕之(京都大学非常勤研究員):"A Search Model of Two-Sided Matching Under Non-Transferable Utility"


1998年11月21日(土)

堀一三(京都大学大学院M2):「エージェント間の相互モニタリングと提携」

水野敬三(関西学院大学):"Cream-skimming under a Partial Price-Cap Regulation"


1998年10月17日(土)

千本木修一(滋賀大学):"Secondi Mover Advantage"

川口章(追手門大学):"モラル・ハザードと性差別"

水野敬三先生帰国記念夕食会

注意:この日の会場は、一階南側第1共同研究室


1998年9月26日(土)

菊谷達弥(京都大学):Margaret E. Slade, "Multitask Agency and Contract Choice: An Empirical Exploration," International Economic Review, Vol. 37, No.2, May 1996.

大湾秀雄(スタンフォード大学大学院):"Specializing and Multiskilling Organizations"


1998年8月

  夏休み


1998年7月18日(土)

内川正夫(京都学園大学):Kessler, Anke S., "The Value of Ignorance," RAND Journal of Economics, Vol. 29, No.2, Summer 1998, pp. 339-354.

椎葉淳(大阪大学大学院D2):Geroge Baker, Robert Gibbons,and Kevin J. Murphy (1997), "Relational Contracts and the Theory of the Firm." mimeo.


1998年6月20日(土)

石黒真吾(南山大学):"Commitment and Political Constraints in Government Policy Making"

肥前洋一(大阪大学大学院D1):"政府・企業間関係と共謀"


1998年5月16日(土)

崔康植(香川大学):"企業システムにおける人事部の役割"

安達貴教(東京大学大学院D1): "The Costs and Benefits of Promotion: An Analysis of the Optimal Promotion Mechanism in Organizations"


1998年4月18日(土)

小早川周司(日本銀行金融研究所): "Designing Incentive Regulation in Banking: Role of Penalty in the Precommitment Approach"

黄圭燦(名古屋商科大学): Holmstrom and Tirole, "Financial Intermediation, Loanable Funds, and the Real Sector," QJE, 1997, pp.663-691.

夕食会:ビヤマーケット市場小路


Back to Front Page.